お金と手間をかけずに本から電子書籍を作成する - 電子書籍の作り方やコツについてまとめたサイトです。製本、修理、修繕についても結構あります。-
お金と手間をかけずに本から電子書籍を作成するバナー
ここは、なるべくお金と手間をかけずに本(書籍)を電子書籍にする作り方の方法やノウハウやツボやコツや技について、僕なりに研究した結果(というと大げさですが)をまとめたサイトです。道具も買ってくるのではなくてなるべく自作してお金をかけないようにしています。また、電子書籍を作成した後に本を元に戻す作業(製本、修理、修繕)についてもあります。
スペーサー スペーサー リストマークはじめに
ライン
「電子書籍」については、いろんな技術やサービスがあります。たとえば、呼び名にしても「電子ブック」、「電子book」、「電子文書」、「デジタルブック」、「eBook」、「電子ファイル」、「Eデータ」などなどがありますが、このサイトでは、ドキュメントスキャナーを使って、書籍を自分でPDFファイル(Adobe Readerで読めるアレです)に変換したもののことを「電子書籍」と呼ぶことにします。なので電子書籍リーダーはPCにインストールされたAdobe Readerということになります。
まだまだ、試行錯誤中で、あれこれ迷いながらやっていますが、お役にたてれば幸いです。

リストマークきっかけ
ライン
電子書籍を作ろうと思ったきっかけです。

リストマーク電子書籍のここがいい
ライン
いくつかやってみて、僕なりに感じている、本を電子書籍化することのメリットを書いています。使ってみるといろいろ思うところがあります。

リストマーク電子書籍のここが困った
ライン

それほど不満はないのですが、いくつか困ったところをあげてみました。


リストマーク用意するもの
ライン
電子書籍を作るにあたって、用意するものの一覧とそれぞれの説明です。さすがに無料とは行きませんが、身近にあるものは買わずに済ませてしまいましょう。

リストマーク電子書籍を作ってみる
ライン
実際に電子書籍化するときの手順をまとめました。電子化するだけでなく元に戻す作業(製本)についても書いています。なかなか文章で説明するのは難しいので、写真をたくさん入れてわかりやすくしたつもりです。また、実際に作業していてよく失敗することなどについても思いつく限り書きました。

リストマーク製本する
ライン
電子書籍化(自炊)するときにカットした本を再生したり、コピー本を作るときの作り方です。

リストマーク道具を作る
ライン
市販の道具だけでは作業効率が悪かったり、お金がかかったりするケースがあるため、道具を自作しています。その作り方についてまとめました。

リストマーク「とじ助」の販売
ライン
本編では、製本機の作り方をご紹介しましたが、作るには工具が必要だったり、材料が必要だったりして手間がかかります。「お金と手間をかけずに〜」がモットーの本サイトですが、ご要望も多かったので、欲しい方にお分けします。

リストマークこのサイトの検索
ライン
このサイトのコンテンツを検索できます。下のボックスに検索したいキーワードを入れて[検索]ボタンをクリックします。
ロゴ
WWW を検索 このサイトのコンテンツを検索
ライン
GO TOPサイトマップスペーサースペーサー
本ホームページへのご意見、ご感想、お問い合わせは、こちらのフォームからどうぞ。
特定商取引法に基づく表示
内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当方は一切責任を負いかねます。
Copyright(c) 2008-2011 by Seihon Kobo All right reserved.