電子書籍の作り方やコツについてまとめたサイトです。コピー本・配布資料・図面の製本、傷んだ本の修理・修繕・修復、電子書籍化で裁断した書籍の復元の方法もあります

裁断機(ペーパーカッター)

Pocket

本のそれぞれのページをドキュメントスキャナーでスキャンするためには、本を分解して1ページずつばらばらにする必要があります。本の各ページは背の部分がノリで固定されていますのでノリをはがさなければならないのですが、1枚ずつノリをはがすのは大変なので本の背から数ミリ切り落とすことにします。

前置きが長くなりましたが、この背を切り落とすために裁断機が必要となります。切り落とすには、カッターやはさみでも可能ですが、1回で切り落とせる枚数には限度がありますし、再度製本するときに、切り口がそろっていないと仕上がりがきれいになりません。
そのため、お金はちょっとかかりますが、裁断機は必需品といえます。
裁断機にもいろいろあります。こんな感じです。

大型裁断機
レバーを上から押して垂直に刃を降ろして切るものです。サイズはB4対応のものだと45cmx60cmくらいで、ものによりますが、一度に100枚から400枚位切ることができます。値段は、50,000円位からです。電動のもの(電動大型裁断機)もありますが、こちらはぐっと値段が上がって、200,000円位からです。その代わり、いっぺんに200枚以上は切れます。
プラス 断裁機 かんたん替刃交換 PK-513LN 裁断幅A4タテ 26-309

押し切り式裁断機
昔よく学校にあったもので刃と一体になったレバーを上から降ろすことでカットします。サイズはB4対応で30cmx42cmくらいで、ものによりますが、5枚から40枚位切ることができます。値段は、6,000円位からです。ただ、紙の枚数が多いと、最後の方がうまく切れないんですよね。しっぽみたいなのができちゃって。経験ある人多いと思います。

コクヨ ペーパーカッターミニ 断裁幅140mm ブルー DN-10NB

ディスクカッター(ロータリーカッター、回転式カッター)
紙をセットして、握り(レバー)を押しながら前後に動かすことによって、刃が回転してカットします。B4対応でサイズが36cmx55cmくらいです。ものによりますが、10枚から40枚位切ることができます。
値段は、6,000円位からです。
カール事務器 ディスクカッター DC-230N A3

これらの中で僕が”お金と手間をかけずに~”のバランスがとれていておすすめと思うのが、ディスクカッターです。
B4サイズで40枚まで切れるものが15,000円位で買え、押し切り式よりも価格/枚数で言えば安上がりです。
また、刃が握りの中に隠れているので安全ですし、替え刃の交換も自分で簡単にできます。 刃はいずれはなまってくるので、買うときには交換コストについても念頭に入れた方がよいと思います。
替えのディスクカッターは5枚で1000円以下ですが、それ以外の裁断機は、研ぎに出すか、結構高価なものと取り替えの必要があるようです。
サイズは、裁断する本のサイズとスキャナーの対応用紙サイズによりますが、A4サイズよりももう一つ大きいB4サイズの方がよいと思います。今は必要なくても将来大きな本を裁断するかもしれませんし、ぎりぎりのサイズを裁断するときなど、大きい方が作業が楽に行えます。
僕が買ったのはこれ(コクヨのペーパーカッター<ロータリー式>B4 DN-62N)です。近くの文房具店で14,700円でした。

裁断機外箱外箱(携帯とサイズ比較してください)

裁断機本体。真ん中のがマグネット定規

レバーレバー。ここを握って前後に動かします

ロックを外したところロックを外したところ。ロックを外して紙をセットします。

紙をセットしたところ紙をセットしたところ

カッターの刃カッターの刃

交換カッター交換カッター

 

Pocket

PAGETOP
Copyright © 2009-2015 お金と手間をかけずに本から電子書籍を作成する All Rights Reserved.